So-net無料ブログ作成

【シンガポールの旅】金のドームがある町@シンガポール [シンガポール]

character.gif
金のドーム.gif

シンガポールは多民族国家として知られていています。
前回ご紹介したリトルインディアのほか、アラブ人街もあります。
アラブ人街、アラブ・ストリートと呼ばれるエリアで、その名のとおり、
中東から来た人々が暮らす町です。

この町の成り立ちはリトルインディアよりももう少し歴史があって、
シンガポール建国の父、ラッフルズ卿が上陸する以前に
シンガポールを治めていたジョホール王国の王様用に
割り当てられた地域で、その象徴が写真の金色のドームです。

サルタンモスクと呼ばれるシンガポール最古のモスクで、
ここでいうサルタンというのがジョホール王国の王様のこと。
このモスクを中心に、周辺のイスラム教徒が集まり、
現在のアラブストリートが形成されました。
なので、もちろんアラブ人も多いのですが、実はどちらかというと、
アラブ人ではないイスラム教徒、つまり、マレーシアや
インドネシア系の人々のほうがメインです。

町そのものはリトルインディアのようなわかりやすい
盛り上がりはないのですが、白壁の美しい街並みと、
カーペットやテキスタイルのお店などが並び、ほどよく
アラブな気分に浸れるエリアです。

モスクは見学はできますが、礼拝所は信者しか入れません。


せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】東南アジア編へ
→【せかいのまちかど】シンガポール編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。