So-net無料ブログ作成
検索選択

【メキシコの旅】巨大なカテドラル@メキシコシティ [メキシコ]

character.gif
大聖堂.gif

世界遺産シリーズ、今回は「メキシコシティ歴史地区」です。

メキシコシティは言わずと知れたメキシコの首都ですが、
この町がかつては湖に浮かぶアステカ帝国の首都、
テノチティトランだったことはあまり知られていません。

現在のメキシコシティの建築がはじまったのが1512年。
コルテス率いるコルテスがアステカを征服し、テノチティトランを
完全に破壊した廃墟のうえにヨーロッパ風の街並みが築かれました。

その象徴ともいえるのが、メキシコシティ歴史地区の中心である
「ソカロ(中央広場」です。
この場所はアステカ時代に中央神殿があった場所で、
現在も地下に遺跡が眠っています。

写真はソカロに面して立つカテドラル
巨大なバロック建築の大聖堂は、スペイン征服のシンボルでもあり、
この建造には神殿を破壊してできた石材が使われたのだとか。

そういう見方をすると、なにやらこの荘厳な建物が
いかめしい存在のように思えてきます。

せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】中南米編へ
→【せかいのまちかど】メキシコ編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。