So-net無料ブログ作成

【カンボジアの旅】パブストリート@シェムリアップ [カンボジア]

character.gif
パブストリート.jpg

アンコールワット観光の拠点の街、シェムリアップ。
この町は拠点として、外国人向けのホテルなどがたくさんありますが、
特に何があるわけでもない小さな田舎町です。

夜は中心部を離れると街頭もなく真っ暗。
昼間もさほど賑やかさはなく、いわゆる地方都市という雰囲気です。

しかし、この町のある一か所だけは非常に賑わいます。
それが「夜のパブストリート」です。

道の看板にも英語で「PUB STREET」と書いてあるこの一角は、
ガイドブックでは「バーストリート」と紹介しているものもありますが、
いずれにしても外国人向けの飲食店が集中している繁華街です。

写真を見ると、歓楽街のようにも見えますが、タイなどで見られるような
いわゆる「お遊び」のお店は見当たらず、基本的にバーとレストランのみ。

メインストリートとそこから一本入った路地を含め、この一角には
数え切れないほどのお店が並び、夜になると外国人だらけになります。

ただ、不思議なことにここで見かけるのは欧米人ばかり。
アンコールの遺跡では大量の日本人を見ましたが、
日本人はほとんどツアー客なので、こういったお店には
あまり来ないのでしょう。
ちなみに物価はまったく安くなく、ほとんどがドル払いです。

しかし、タイのカオサンや中国の陽朔など、こういった欧米人好みのエリアは
開放感があって居心地が良いのですが、このシェムリアップに関しては、
さすがに周囲の生活水準とあまりにも格差があるので、
ちょっと微妙な感じもしました。
(といいつつ、さんざん飲んだくれたのですが)


せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】カンボジア編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。