So-net無料ブログ作成
検索選択

【カンボジアの旅】クメールの微笑み@アンコール・トム [カンボジア]

character.gif
バイヨン2.jpg

カンボジアの世界遺産、アンコール遺跡群。
アンコールワットとアンコールトムの2つがあるうちの
アンコールトムのほうの象徴的寺院、バイヨンです。

ここは巨大な「顔」の石像で有名です。
寺院は3層構造になっていて、その一番上の第3階層に
4面に観音菩薩の顔が彫られたレリーフが並びます。

この観音菩薩の顔が「クメールの微笑み」と呼ばれているそうです。
あまり知識がないので、芸術的価値はよくわかりませんが、
顔がたくさん並ぶ建築は純粋に刺激的です。
何を考えてこんなデザインにしたのか。

ちなみに同じアンコール遺跡のバンテアイ・スレイにある
女神像は「東洋のモナリザ」と称されています。

たしかに美しいのだけど、正直そこまで感動するほどではないような・・

イタリアのタビデ像や、一時期話題になった阿修羅像もそうですが、
同じ芸術作品のなかでも、絵画写真などと比べて、
「彫刻」の良し悪しって難しいよな、、と素朴に思います。。


せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】カンボジア編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。