So-net無料ブログ作成
検索選択

【中国・雲南の旅】チベットへ続く茶馬古道@徳欽 [中国]

character.gif
徳欽の町並み.jpg

雲南省迪慶チベット族自治州、徳欽(deqin)。
前回紹介した香格里拉からのドラマチックなバスの旅を経て、
やがて見えてくる山間の小さな町が徳欽です。

ウィキペディアによると、かつてはチベットの領土でしたが、
18世紀にチベットと清の国境が定まった時に、雲南省に組み込まれたようです。

しかし、清に帰属した後もチベットの馬と中国お茶の交易路、
いわゆる「茶馬古道」の拠点として栄え、今でもその交通の不便さからは
想像もつかないほど賑やかです。

一見バックパッカーしか来ない辺境の町という印象ですが、
中国人向けの宿泊施設もたくさんあり、市場や商店、食堂など、
小規模ではありますが、町には一通り何でも揃っています。

ただし、徳欽の歴史を感じさせるような町の風情は皆無。
中国にありがちなコンクリートの味気ない建物が並ぶ街並みです。

そんな中でも民族衣装を着たチベット族のおばさんの姿が
唯一、ここがチベットとの境界なんだと感じさせてくれます。



せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】ヨーロッパ編へ
→【せかいのまちかど】イタリア編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。