So-net無料ブログ作成
検索選択

【ネパールの旅】素朴な門前町@チャング・ナラヤン [ネパール]

character.gif
街角の母子.jpg

カトマンズ盆地で最も古い寺院のひとつ、チャング・ナラヤン。
4世紀に建立された寺院で、「カトマンズ盆地」の名称で
世界遺産登録されている7つの建造物のひとつでもあります。

肩書きはすごいのですが、実際には「近所の神社」的な素朴なお寺です。
小高い丘に門前町があり、参道を登ったてっぺんに寺院があるのですが、
不便な場所なので観光客も少なく、人々は普通に日常生活を送っています。

周囲はヒマラヤの山々と田園に囲まれていて、チャング・ナラヤンの集落だけが
まるで要塞のように家々が立ち並び、外界とは閉ざされた雰囲気さえあります。

集落の入り口に立っても、特に観光色はなく、ごく普通の村にしか見えません。
写真は参道沿いの民家の軒先。

あまりにも普通に生活の場なので、よそ者が立ち入るのは何とも恐縮です。
お邪魔します、すみませんね、、と歩いていくと、
例によって子供たちが集まっていて、
写真を撮ってくれと急ににぎやかな雰囲気になりました。

やはり外国人は少ないのか大人たちも親切にしてくれて、
寺院そのものよりも集落の魅力に心を打たれました。


せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】ネパール編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。