So-net無料ブログ作成

【シリアの旅】街角のキリスト像@ダマスカス [シリア]

character.gif
ダマスカスのキリスト教地区.jpg

シリアの首都、ダマスカス。
ここダマスカスは世界で最も古い都市のひとつで、ペルシャやギリシャの時代から、
ローマ帝国の時代を経て、宗教もユダヤ教、キリスト教、イスラム教徒変遷してきました。

その重層的な歴史が都市の構造にも反映されており、
まっすぐな道」を挟んで、イスラム教徒地区、キリスト教地区、ユダヤ教地区
が存在しています。

明確に壁などで区切られているわけでないのですが、
キリスト教地区では女性はベールをかぶっていなかったり、
雰囲気の違いは明白です。

そして、驚きはこのキリスト教の彫像。

街角に普通に設置されていますが、ここはイスラム教の国、シリアです。
偶像崇拝を固く禁じるイスラム教国において、こんなにあからさまな偶像があるのは
かなり珍しいのではないでしょうか。

それだけ他の宗教に寛容で、お互いにうまく共存できているということなのでしょう。
ダマスカスは本当に素晴らしい町ですが、今はどうなんでしょうか・・・

※本記事は2010年5月に訪問したときのものです。
現在のシリアの情勢等は外務省のホームページでご確認ください。


せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】シリア編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。