So-net無料ブログ作成
検索選択

【中国・シルクロードの旅】城壁で武将気分@西安 [中国]

character.gif
080南門.jpg

西安は唐の都・長安です。
西安はかつて長安だった時代に築かれた(主に明代)城壁に囲まれていて、
碁盤の目の出入り口には巨大な門があります。

そのメインになる正門ともいうべき門が永寧門(南門)です。
門というよりもお城のような風貌で、周囲はターミナルになっていて、
多くの路線バスの起点になっています。

この門は単にくぐるだけでなく、ここから城壁の上にあがることができます。

085南門.jpg

門の上はこんな感じでかなりの高さです。
そして西安の街を囲む城壁は先が霞んで見えないほど
まっすぐ果てしなく続きます。

086南門.jpg

その長さもさることながら、「幅」も驚きです。
城壁というと、せいぜい兵士が数人すれ違えるぐらいの幅をイメージしますが、
西安の城壁の幅はそれどころでなく、車がすれ違えるぐらいの幅です。

ここに守備兵が並んで一斉に攻撃をする様を想像すると、
無敵の防御なんじゃないでしょうか。

しかも城壁の周りは堀です。
日本の城とはけた違いの強固さですね。。

まかり間違って、豊臣秀吉が明まで攻め入ったとしても、
絶対にここを落とすことはできなかったと思います。

せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→中国西安旅行記へ


にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。