So-net無料ブログ作成
検索選択

【マレーシアの旅】多国籍タウン@ペナン島 [マレーシア]

character.gif
ジョージタウン.jpg

マレーシアのリゾート地として有名なペナン島。

予備知識なく想像すると、リゾートホテルが林立して、
観光客だけがうろうろしているようないわゆるリゾート地のイメージですが、
ペナン島のリゾートゾーンはバトゥフェリンギなどごく一部のエリアで、
島の大多数はむしろ「東南アジアの大都市」の色合いのほうが濃いです。

それどころか、ペナン島最大の都市・ジョージタウンは、
クアラルンプールに次いでマレーシア第二の都市で、
「マラッカ海峡の歴史的都市群」
という名称で、マラッカとともに世界遺産にも登録されています。

見どころはイギリスの植民地時代の建造物で、
シンガポールでいうところのラッフルズホテルのようなホテル
(イースタンアンドオリエンタルホテル)があったり、
シンガポールに近い魅力があります。

さらに、インド人街やアラブ人街、チャイナタウンがあるのも
シンガポールと似ていて、ヒンズー寺院とモスクと
キリスト教会と道教寺院が同居しているのはなかなか面白いです。

シンガポールよりもそれぞれがごく狭いエリアに密集しているのがさらに面白く、
ぱっきり分かれているわけでもないので、ヒンズー寺院の1ブロック先に
道教寺院があったり、歩いているといつの間にか周りがインドっぽくなっていたり、
文字通り多国籍な人々が混在して生活している感じが、
ほかではちょっとない街並みを形成しています。

リゾートはちょっと、、という人でもジョージタウンの街歩きを
目的にペナン島に行ってみるのもいいかもしれません。


せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→ペナン島旅行記へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。