So-net無料ブログ作成
ドバイ ブログトップ

【ドバイの旅】定番グルメ!@ドバイ [ドバイ]

character.gif
ドバイの食堂.gif

中東エリアの超定番グルメ、「シャウルマ」。
ヨルダンでもエジプトでもどこでも食べられるファーストフード。
リゾートのイメージの強いドバイでも、デイラなどの繁華街では
あちこちでシャウルマのお店があります。

目印はこの肉の塊。
たいていチキン・マトン・ビーフの3種類があり、
それぞれの塊が炙られながら回っています。

注文を受けると、肉を大きな包丁でそぎ落として、
トマトや玉ねぎなどと一緒にパンにはさんで食べます。

思わずビールがほしくなる美味ですが、
イスラム圏のため飲酒はできません。
(コーラが一般的)

せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】中近東編へ
→【せかいのまちかど】ドバイ編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【ドバイの旅】食堂ごはん@ドバイ [ドバイ]

character.gif
ドバイの食堂ごはん.gif

食堂ごはんシリーズ第2回はドバイ編です。
第1回のイエメン編とかぶりますが、アラビア半島の
食堂ごはんのスタンダードとも言えるメニューです。

まずビリヤニが基本。どこに行ってもまずはビリヤニです。
そして生野菜サラダ。これもだいたい同じです。

メインはこの肉。羊=マトンです。

イスラム圏の食堂ごはんのスターはなんといっても羊。
日本で羊というと、ジンギスカンぐらいしか食べませんが、
さすがに羊ばっかり食べてる国だけあって、かなり美味です。

ジューシーな羊肉がごはんにぴったりで
思わずおかわりしたくなる一品。

≪まとめ≫
アラビア半島の食堂ごはんはほとんどどこでも一緒。
おいしいことはおいしいけど、さほどバリエーションはない。

せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】中近東編へ
→【せかいのまちかど】ドバイ編へ

にほんブログ村 旅行ブログへブログランキング【くつろぐ】
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【ドバイの旅】砂漠の国に雪が降る@ラスアルハイマ [ドバイ]

character.gif

今回はAFPBB Newsから記事をご紹介。
なんとドバイのあるアラブ首長国連邦で雪が降ったそうです。

アラブ首長国連邦と言えば、アラビア半島の砂漠の国です。
どうせドバイあたりで人工雪でも降らせたんだろ?とか思っていたら、
本物の雪でした。

場所はアラブ首長国連邦の首長国のひとつ、
「ラスアルハイマ首長国」です。
(※アラブ首長国連邦が7つの首長国から成っていて、
ドバイも、「ドバイ首長国」という首長国のひとつ)

土地勘がないとわかりづらいとは思いますが、
ラスアルハイマ首長国は、隣国のオーマンと国境を接していて、
ペルシャ湾ににょきっと飛び出たムサンダム半島のところです。

アラブ首長国連邦は大半が砂漠ですが、この半島部分だけは
山岳地帯になっていて、今回雪が降ったのもジース山という
1737メートルの山の山頂付近だった模様。

とはいえ、たいして高くもない山なのでかなり珍しい現象のようです。
異常気象なんですかね。不思議だ。

せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】中近東編へ
→【せかいのまちかど】ドバイ編へ

にほんブログ村 旅行ブログへブログランキング【くつろぐ】
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【ドバイの旅】旧市街のスーク@ドバイ [ドバイ]

character.gif
旧市街.gif

きらびやかな超豪華リゾートでおなじみのドバイですが、
昔ながらの街並みが残る一角があります。

デイラから運河を渡し船で渡った先、オールドスークと呼ばれる地区です。

この一帯は布地(テキスタイル)の市場になっていて、
アラブ風のカラフルな布がたくさん売られています。
そして背景に見えるのがグランド・モスクのミナレット。

高層ビルやリゾートホテルが並ぶドバイの姿からすると
意外なほどに普通のアラブの町です。
ともすれば忘れがちですが、ここがアラビア半島で、
古くから交易で栄えた町だったことを思い出せてくれます。

「リゾートに行かないドバイ」、個人的におすすめです。

せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】中近東編へ
→【せかいのまちかど】ドバイ編へ

にほんブログ村 旅行ブログへブログランキング【くつろぐ】
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【ドバイの旅】運河をゆく渡し船@ドバイ [ドバイ]

character.gif
ドバイの渡し舟.gif

【海と町の織りなすまちかど風景】シリーズ。
第5位、ドバイ運河をゆく渡し船です。

ドバイの市街は、真ん中を運河が流れています。
運河を挟んで、東側がデイラ地区、西側がバール・ドバイと呼ばれる地区。
そして、両岸を「アブラ」と呼ばれる水上タクシーが結んでいます。

バール・ドバイ側からデイラを見ると、ビルが並んでいるだけの
味気ない風景なのですが、デイラ側からバール・ドバイの風景は
エキゾチックなアラビアンナイトの世界。

そしてなんといっても気持ちいいのが、「アブラ」です。
本当に渡し船らしい渡し船で、小さなボートに横がけのベンチが
設置されただけの乗り物です。

窓も何もないので、風が心地よく、
水面がすぐ近くにある感覚が新鮮です。


【海と町の織りなすまちかど風景】ランキング

第2位 スターフェリーから見た香港島/香港
第3位 サン・ジョルジョ・マッジョーレ島/イタリア
第4位 コメルシオ広場/ポルトガル
第5位 ドバイ運河をゆく渡し船/ドバイ

さて、1位は?

せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】中近東編へ
→【せかいのまちかど】ドバイ編へ

にほんブログ村 旅行ブログへブログランキング【くつろぐ】
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

【ドバイの旅】渡し舟とインド人@ドバイ [ドバイ]

character.gif
ドバイの渡し舟に乗る人々.gif

超豪華リゾートで人気急上昇中のドバイ。
そのドバイのまちかどをみると、なにやら
インドっぽい人がやたらに目につきます。

写真はドバイ・クリーク(運河)の渡し舟の様子ですが、
明らかにインド人テイスト満点のターバンです。

実はドバイの人口のうち、ドバイ人(アラブ首長国連邦出身者)は
その半分以下で、実際にはほとんどが外国人労働者です。

例えば、タクシーの運転手もイラン人などが多く、
町の主要な職業はたいてい南アジア・西アジア系の人
が従事している感じです。

そのなかでも圧倒的に多いのがインド人です。
インドは、ドバイの最大の貿易相手国だそうで、
特に建設系の業種はほとんどインド人みたいです。

外務省の公式HPでも
「世界で最も美しいインド人の町」という記事。
http://www.mofa.go.jp/Mofaj/press/iken/05/souryouji/22.html

ひどい言い草です。。


せかいのまちかど→【せかいのまちかど】トップページへ
→【せかいのまちかど】ドバイ編へ

にほんブログ村 旅行ブログへ
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行
ドバイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。